様々な撮影方法

スタジオで撮影してもらおう

撮影

就活の履歴書写真は自撮り、ボックス撮り、スタジオ撮りという主に3つの方法があります。 履歴書に張り付ける写真はサイズや写り方などに色んな規定があるため、自撮りはまず無理でしょう。次にボックス撮りですが、手軽さはあるものの簡易的な方法なのでクオリティは考慮されておらず、一定水準を満たす撮影を行うことはできません。それを踏まえて、一番おすすめされるのはスタジオ撮りになります。 撮影スタジオなら、就活に向けた髪型やメイクを施してもらえる、体のゆがみをチェックしながら撮影してもらえる、高性能カメラを使用しているため高クオリティな写真を撮影してもらえる、また修正を加えることができるという利点を持っています。

専門的な知識で撮ってくれる

中にはご存知の方もいるかもしれませんが、就活では履歴書の写真で合否が決まることもあるようです。 写真はその人のイメージを決めてしまいます。地味そう、派手そう、真面目そう、頑固そうなど、あくまでもイメージにしか過ぎませんが面接官の心理に影響してしまうため、これが意外と重要です。そして、顔は変えられるものではないからこそ、撮り方にこだわることがおすすめされているのです。 例えば、スタジオ写真とボックス写真ではどう違うのか比較をしてみると、ボックス写真はスタジオ写真に比べると暗く写りがちです。また、チェックをしてくれる人がいないので髪型も決まらず、表情もイマイチということがあります。 それを踏まえると、スタジオ写真のほうが就活にはいいイメージを与えることができるでしょう。